2017 民進党代表選挙特設ページ
2017年8月23日

枝野幸男の「民進党改革」

1.総選挙、衆院補選の勝利にまず全力を注ぎます。また、次期参院選の準備にも早急に着手します。

■ 次期総選挙まで非現職総支部長への財政支援を倍増します。また、選挙直前の財政支援を前倒しします。
■ 選挙区事情に応じたきめ細やかな「勝つための」野党連携を推進します。
■ 会合や面談の定期化、担当国会議員の設置など党本部と総支部長の意思疎通を強化します。
■ 連合等の応援団と連携し、参議院選挙に向けた候補者擁立作業を進めます。

2.地域を支える党員・サポーター、地方自治体議員への支援を強化し、党運営の参画を拡大します。

■ 選対に統一地方選挙対策の専門部局を設け、地方組織と緊密に連携、支援します。
■ 代表選挙における地方議員の投票ポイント比率を拡大します。
■ 関心の高いテーマの政務調査会会議に地方議員枠を設置します。
■ 地方組織のため、財政支援を強化します。
■ 地方議員選挙の再挑戦を支援する制度を創設します。

3.多様性を目指す党にふさわしい党運営を進めます。

■ 党役員に女性を積極登用します。女性議員の擁立拡大、女性候補者の支援の強化を進めます。
■ 党外の知恵を活用するためネットなどを活用した情報化時代のシンクタンクを創設します。
■ 多様性を認め合うための障がい者、性的マイノリティなどへの具体的な施策に関する常設調査会を設置します。
■ 徹底した議論の後決めたことにはしたがう、「正直者が損をしない」党内ガバナンスを確立します。
■ 支援団体との定期的な意見交換など密接なコミュニケーションを確立します。